ネットショップ運営コンサルタントの問題&解答事例

安さをイメージさせるキャッチコピーをつけるコツ

安売りのキャッチコピー作成方法

問題

下記の条件の金庫のキャッチコピーをつけなさい

  • 大手メーカー商品の手提金庫
  • ダイヤル錠ブザー付き
  • B5サイズのダイヤル錠
  • 質屋から訳ありで入荷した激安商品

金庫

 

解説

安く売るのではなく「安さをイメージさせる」

インターネットは検索機能が優れているために「自分にとって都合の良い商品」というものを見つけ出す買い物ツールとして非常に優れています。しかし、お客様にとって都合はいいかもしれませんが、私たち商品を販売する側にとっては、機能や価格で簡単に優劣をつけられやすいところもあり、決してインターネットで売ることはメリットばかりではありません。

検索性の優れたインターネットの世界で生き残るためには、商品を見た時にいかに「この商品が優れている」「この商品が一番安い」と思わせられるかが、重要なポイントになっていきます。 例えば価格表現に関しても、ただ商品を値引いた後の価格を提示するよりも、定価を提示してあげて、値引率を表示してあげるだけでお客様の感じるお得感は大きく変わっていきます。

また、「業界最安値」「処分価格」「赤字決算」などのキャッチコピーを使用すると、「安さ」をイメージしやすく、一目で「お得感」を伝えることができるので、お客様の購入意識は高まります。 しかし、このようなキャッチコピーを敬遠する人が多いのも事実。「安さばかり強調するのは抵抗があるなぁ」と思っている人も少なくありません。 ですが、先述したようにインターネットは検索性に優れているために、ある程度、「安さ」を強調しないと売れませんし、商材によっては優劣をつけづらいために価格で勝負しなくてはいけないのが現実問題です。

このような状況の中で安売りに巻き込まれないためにも「値下げをせずに安く売っているように見せる」というテクニックを、商品を販売する側は身につけなければいけません。バカ正直に安く売るほど、もったいない話はないのです。 安売りをするのではなく、お得感を強調することがネット販売には必要なのです。

 

正解

質屋からの処分品!
大手メーカーの手提げ金庫が9980円

 

回答の解説

金庫は「お金を保管する」という特徴以外にアピールするポイントが少なく、適切なキャッチコピーをつけるのが難しい商材のひとつといえます。また、大手メーカー商品となると値下げ幅の規制があったり、利幅が少なかったりして、大きく値引いた販売ができないのも問題点のひとつといえます。そのような事情を考えると、ここでは金庫を「安く売っているように見せる」というのがキャッチコピー作りのポイントとなってきます。

「大安売り」「特別価格」というような値引を強調したキャッチコピーもありますが、平凡すぎる言葉は注意を引くことができず、アバウトな価格表現は、やはり安さも具体的にイメージができないというデメリットがあります。ここでは「質屋からの処分品」というキーワードを用いて、いかにも「安く仕入れました」というイメージを、お客様に想像してもらうことにしました。ただの安売りのキャッチコピーと違い「質屋の処分商品だから、さぞかし安く売っているんだろう」と、安売りのストーリーが頭の中で具体的に沸きあがるところが、このキャッチコピーの強みになります。あとは「大手メーカー」という言葉で信頼性を確保し、「9980円」という安さを強調した価格設定にすることで、お客様の購買意欲を沸かせるキャッチコピーができあがります。

挑戦状 / ブログやツイッターやフェイスブックであなたの解答例をぜひ投稿して見せてください!

rss
上矢印
pageTOP