ネットショップ運営コンサルタントの問題&解答事例

特徴が見出せない商品のキャッチコピーの書き方

キャッチコピー構築

問題

下記の条件の掃除機のキャッチコピーをつけなさい

  • 最後まで吸引力が持続します
  • 高性能プリーツフィルターなので安定した吸い込みを実現
  • 丸みを帯びた可愛らしいデザイン。カラフル4色選べるカラー
  • ワンタッチの「楽ステ」機能でゴミを楽に捨てられます

掃除機

 

解説

特徴のない商品をいかにアピールするか

家電製品などの一般的によく使われる必需品というのは、商品で強調できるポイントが少なく、アピールすることが非常に難しい商材と言えます。しかし、キャッチコピーのようなお客様に「欲しい」と思わせるきっかけがないと、商品に対してのイメージも沸きにくいし、訴求力のある言葉を上手に使っていかないと、いつまで経っても見込み客を購入者に引き上げることができません。

このような特徴の分かりにくい商品というのは、アピールポイントを消去法で探していくことから始めていきましょう。 キャッチコピーを作る前に「価格」「デザイン」「種類」「ステイタス」「数量」など、商品の特徴と思われることをとりあえず紙に書き出してみましょう。その中で一番個性が強調できて、一番お客様の立場に立って考えられる条件を選んで、最後に残った条件でキャッチコピーの内容を膨らませていきます。「この商品は特徴が少ないからキャッチコピーが書けない」とあきらめてしまう人が多いのですが、言葉は写真と違って無限大に読み手の想像力を湧きたてることができて、なおかつ購入させるチャンスを無限大に広げることができます。

いくら特徴のない商品でも、キャッチコピーの内容によっては注目を集めることができますし、商品の良さをしっかりアピールすることができれば、「あっ、私、この商品が欲しかったんだ!」と、相手に気づかせることもできるはずです。 それでも、商品の特徴が見つけられないという人は、一旦、商品と距離を置くことをおすすめします。 商品を仕入れたり販売したりしていると、どうしても主観が入ってしまい、商品の良さを客観的に見つけることができにくい環境になってしまいます。

こういうこう着状態が続いてしまう場合は、業界外の経営者や、商売と関係のない知人などに直接商品を使ってもらって、その感想を聞き出してみるのも、客観的なキャッチコピーを生み出すチャンスにつながっていきます。

 

正解

カワイイ掃除機なら、
いつまでも部屋に出していたいよね

 

回答の解説

条件を見渡しても、特徴が見出せない商品というのは明らかです。
このままキャッチコピーをつけずに販売しても価格でしか訴求ポイントしかなく、安売りでしか販売できない利幅の薄い商品になってしまいます。このような場合は、なんとかしてお客様に「私、こういう掃除機が欲しかったんだ!」と気づかせてあげるキャッチコピーが必要になります。「吸引力」「高性能フィルター」「可愛らしいデザイン」「ゴミがラクに捨てられる」という条件がりますが、どれも「よくある掃除機」の説明でしかありません。

しかし、「デザイン」に関しては特徴の話を広げやすいことに加え、個性を強調しやすいというメリットがあるため、他のキャッチコピーの条件に比べれば、まだ加工して使える可能性があります。このようなことを考えて、消去法で「デザイン」について強調したキャッチコピーを作っていくことを、まずは方向性として決めていきましょう。デザインは可愛らしくて、なおかつ丸みがあってカラーが4色選べることを考えれば、女性と相性の良い商品だということが分かります。

そのような客層をイメージすると、女性が満足する掃除機であることをアピールすれば、この掃除機は売りやすくなります。デザイン性のあるもので女性が欲しがるものというのは、自分が欲しいという意識と同じぐらいに「他人に見せたい」という欲求が働きますので、ここではデザインの良さを誇示できるようなキャッチコピーを考えた方がいいでしょう。「いつまでも部屋に出しておきたい」と言う言葉で、「他人に見せたい」という欲求と同時に「掃除機を片付けなくてもOK」という気軽さもアピールできるので、商品の付加価値を高めるキャッチコピーとして成立させることができます。

また、「カワイイ」をカタカナにしたり、キャッチコピーを話し言葉にしたりすることにより、オシャレ感と親近感を強調してあげることも、平凡な商品を個性的に見せるテクニックのひとつといえます。

挑戦状 / ブログやツイッターやフェイスブックであなたの解答例をぜひ投稿して見せてください!

rss
上矢印
pageTOP